【年末年始19-20】ミャンマー 3泊4日

幾千もの仏塔に遥かな王朝を偲ぶ バガンの遺跡群とヤンゴン

旅行代金 41,900THB~
設定期間 2019年12月29日出発
発着地 バンコク 最少催行人員 大人4名様
食事 朝3回/昼4回/夕3回 ※12/31はホテルにてガラディナーの夕食
利用予定航空会社 国際線/タイ国際航空(TG)Nクラス、国内線/エアカンボーザなど
※航空券の発券日については担当者よりご案内します。
空港税等の目安 目安 3,800バーツ(2019年7月現在) ※今後、航空券の発券時に徴収される燃油サーチャージが航空会社の申請により改訂された場合、徴収額を変更する場合があります。予めご了承ください。
添乗員 同行しません。現地日本語係員がご案内致します。
その他 ■2歳未満:8,900バーツ(座席・食事・ベッドなし)
■査証: 2020年9月30日入国分までは不要 不要の場合の条件は次の通りです。
【対象】日本国籍【対象パスポート】通常パスポート(赤または青)【目的】観光・シングルエントリー(30日間・延長不可)【入国条件】入国審査所での復路便のチケット提示
旅券の未使用査証欄は2頁以上必要、旅券残存有効期間は入国時6ヵ月以上必要です
■その他:
*※①夕日鑑賞は天候や現地事情により鑑賞出来ない場合がございます。その場合、返金はありません
*上記スケジュールは航空機・交通機関の都合・天候・現地事情により旅程・観光箇所・食事内容が変更になる場合があります。
*ヤンゴン市内観光のボージョーマーケットは祝祭日と毎週月曜日には休業となります。その場合は他のお土産ショップ又はデパートなどにご案内させて頂きます。
*お申込の際はパスポートコピーをご用意ください。

ツアースケジュール

日程 スケジュール 食事
12/29
(日)
バンコク発✈ヤンゴン着(所要:約1時間15分)
着後、文化・経済の中心地ヤンゴン市内観光へご案内
*巨大な寝釈迦像で名高いチャウタッジー・パゴダ
オーストラリア大使館
イギリス大使館
中央郵便局
マハバンドゥーラ公園 (車窓)
*2000以上の店が軒を並べるボージョー・マーケット
*世界が誇る黄金のシュエダゴン・パゴダ
観光後、ホテルへ
夕食はミャンマー民族舞踊ディナーショーを鑑賞しながらインターナショナルビュッフェをご賞味ください。

<ヤンゴン泊>

昼:ミャンマー料理
夕:インターナショナルビュッフェ
12/30
(月)
午前 : ヤンゴン空港へ
国内線にてバガンへ
着後、世界三大仏教遺跡の一つ、バガン観光へご案内
*カラフルで活気溢れるニャウンウー・マーケット
*バガン王朝最初の釣鐘型仏塔シュエジーゴン・パゴダ
*外面の装飾が華やかなティーローミンロー寺院
*その姿で美しさの有名なアーナンダ寺院
*9世紀建立の唯一残る城壁跡タラバー門
*ミャンマー伝統の漆工房
*今にも仏像が飛び出しそうなマヌーハ寺院
*丘のような高台から夕日鑑賞※①
観光後、ホテルへ
夕食は人形劇ショーを見ながらミャンマー料理をご賞味ください。

<バガン泊>


昼:中華料理
夕:ミャンマー料理
12/31
(火)
午前:世界三大仏教遺跡の一つ、バガン観光へご案内
*三つ並んだバガン王朝最後の仏塔群パヤトンズー寺院
*釈迦を描いた壁面で有名なレンガ造りのナンダマーニャ寺院
*伝統を守る生活様式が見られるミンナントゥ村
*ミャンマーを代表する仏足石発見のローカナンダパゴダ
*4つの顔を持つ石彫刻のブラーマン神で有名なナンパヤー寺院
*バガン一の高さを誇るタビニュ寺院
*川岸に立つひょうたん形のブーパヤー・パゴダより夕日鑑賞※①
観光後、ホテルへ

<バガン泊>


昼:アジア料理
夕:ガラディナー
1/1
(水)
午前 : バガンよりマンダレー空港へ
途中、絶壁の頂上にナッツ信仰寺院のあるポッパ山へご案内
ローカルレストランにて、ミャンマー料理の昼食
マンダレー発✈バンコク着 (所要: 約1時間15分)

昼:ミャンマー料理

■取消料 (お1人様あたり=タイバーツ)■

ご予約へ

※料金に含まれるもの:往復航空運賃 (エコノミークラス)、日程表内の観光、宿泊代金および食事、現地空港⇔ホテルの往復送迎

※料金に含まれないもの:バンコク空港への送迎、各空港税、特別保険料、燃料サーチャージ

ホテル一覧

デラックスクラス ホテル

【ヤンゴン】セドナホテル
【バガン】バガン タンデーホテル
インヤー湖畔に建つスペイン系のインターナショナルホテル。ショッピングモール「ミャンマープラザ」が隣接し、チャウタッジー・パゴダ、カバー・エー・パゴダ、ミャンマー宝石博物館、ミャンマー・イベントパークまでのアクセス便利。写真はセドナホテルです。

料金・詳細

このページのトップへ