【年末年始2018-19】ミャンマー 4泊5日

奇跡の聖地・悠久の古都市・バガン遺跡群を訪ねて
旅行代金 47,900B~
設定期間 2018年12月29日
発着地 バンコク 最少催行人員 大人4名様
食事 朝4回/昼5回/夕4回
利用予定航空会社 国際線/タイ国際航空(Vクラス)など 国内線/エアカンボーザなど
空港税等の目安 約2,400バーツ(2018年7月現在)
添乗員 同行しません。現地日本語係員がご案内致します。
その他 ■査証: 必要 オンラインにて取得可能/50USドル(https://evisa.moip.gov.mm/) ■その他: *ゴールデンロックでは女性は3m離れた場所からの見学となり、触れることはできません。
*夕日鑑賞は天候や現地事情により鑑賞出来ない場合がございます。その場合、返金はありません。
*お申込の際はパスポートコピーをご用意ください。

ツアースケジュール

日程 スケジュール 食事
12/29(土) バンコク✈ヤンゴン着(所要時間:約1時間15分)
着後、文化・経済の中心地ヤンゴン市内観光へ。
世界が誇る黄金のシュエダゴン・パゴダ、巨大な寝釈迦像で名高いチャウタッジー・パゴダ、2000以上の店が軒を並べるボージョー・マーケット、ヤンゴン市内中心の目印スーレ・パゴダ(車窓から)、ビクトリア建築が見えるダウンタウン(車窓から)へご案内。

<ヤンゴン泊>


12/30(日) ヤンゴンよりチャイティーヨー(ゴールデンロックパゴダ)へ(所要時間:約4時間)
チャイティーヨー山着
トラックバスに乗り換えてチャイティーヨー頂上まで(所要時間:約1時間)
ゴールデンロックパゴダ観光
トラックバスに乗り換えて山の麓へ(所要時間:約1時間)
チャイティーヨーからヤンゴンへ

<ヤンゴン泊>



12/31(月) ヤンゴン空港へ 国内線でバガンへ
バガン着後、世界三大仏教遺跡の一つ、バガン観光
カラフルで活気溢れるニャウンウー・マーケット
その姿の美しさで有名なアーナンダ寺院
高さはバガン随一のタッビニュー寺院
王家の争いの歴史に揺れた未完成の巨大なダマヤンジー寺院
バガンタワーより夕日鑑賞

<バガン泊>



1/1(火) バガンよりポッパー山へ
絶壁の頂上にナッツ信仰寺院のあるポッパー山観光
観光後、バガンへ
プワゾー村観光
夕食は人形劇のショーを観ながらお楽しみ下さい。

<バガン泊>



1/2(水) ニャウンウー空港へご案内
国内線にてヤンゴンへ
ヤンゴン着後、レストランにて昼食
ヤンゴン発✈バンコク着(所要時間:約1時間15分)

ご予約へ

※料金に含まれるもの:往復航空運賃(Vクラス)、日程表内の観光、宿泊代金および食事、現地空港⇔ホテルの往復送迎

※料金に含まれないもの:バンコク空港への送迎、査証代、各空港税、特別保険料、燃料サーチャージ

※燃油サーチャージ等の目安:約 2,400バーツ(2018年7月現在)

※幼児(2歳未満、座席なし、朝食なし)の料金は 4,500バーツ となります

ホテル一覧

ヤンゴン:メリアホテル
バガン:ティリピセヤ サンクチュアリ

インヤー湖畔に建つスペイン系のインターナショナルホテル。ショッピングモール「ミャンマープラザ」が隣接し、チャウタッジー・パゴダ、カバー・エー・パゴダ、ミャンマー宝石博物館、ミャンマー・イベントパークまでのアクセス便利。写真はメリアホテルです。

料金・詳細

このページのトップへ